富山県議会議員の藤井大輔(ふじい・だいすけ)です。
目指すのは「もっと、面白い、富山。」


【NEW!】9月定例議会で一般質問に登壇します。「官から民へ」の流れを知事および関連部局に中間査定していただく予定です(2021.09.15)
富山県議会令和3年9月定例議会が開会中ですが、明日16日10時から、藤井大輔が一般質問2日目のトップで登壇いたします。

新田知事就任後の定例議会は、この9月でちょうど4回目となり、1周したことになります。「官から民へ」のスローガンのもと「民間のあたりまえを県庁に取り入れる」ことへの県民から大きな期待を背負って知事に就任されましたが、この10カ月は新型コロナウイルス対策に翻弄されてしまいました。そんな中でも、どの程度「官から民へ」の流れが作れたと感じておられるのか、知事および県庁部局に中間自己評価をお聞きしたいと思っております。

以下、質問の内容です。

テーマ① 公共施設や教育における民間活力の導入について
→「官でやるべきことに、民を取り入れる」ことの成果は? 
・富山県武道館や高岡テクノドーム別館でのPPP/PFIの検討
・既存公共施設運営への成果連動型民間委託契約方式の導入 
・公共事業投資による県内経済の波及効果 
・オンラインによる高校教育の充実と、県立と私立の連携 
・富山県教育DX推進会議での民間人材登用の効果 
・デジタル関係の民間人材の有効活用

テーマ② 公共交通や福祉領域における官民連携について
→「官と民間がともに連携し、サービス向上を図る」ことの成果は? 
・富山空港運営での民間活力の導入 
・立山黒部アルペンルートへの支援の有効性 
・認知症高齢者対策への民間参入促進 
・障がい者の工賃向上への民間参入促進

テーマ③ 創業支援や成長戦略における官の役割について
→「民間が成長するために、官がサポートする」ことの成果は? 
・創業ベンチャーへの投資ラウンドに即した支援 
・移住や企業誘致、観光分野での長野県との連携 
・富山県成長戦略推進のための県知事の責務

以上、16問を想定しています。

自民党会派の政務調査会副会長になって半年。その間に疑問に思ったことについて、会派での勉強会を実施したり、県民目線で独自の取材や調査をしたりしてきました。その集大成を、議会で思う存分ぶつけたいと思います。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

「セブンリバーズ」06号を配布中!
県政への素朴な疑問に藤井が答えます

令和3年度政策の成否が、コロナ後の富山を左右する

 4月に始まった新しい年度も、引き続き新型コロナウイルスとの戦いが続くことになりそうです。速やかにワクチン接種が進むよう、県議会としても働きかけてまいります。

 同じく4月には19年ぶりに新しい富山市長が誕生しました。藤井裕久市長は、私にとって県議会の先輩であり、市長選の予備選を戦った同志。県と市の連携を深めていく一助になりたいと思っています。

 私自身も、4月から変化がありました。藤井裕久市長が携わっていた県議会自民党会派の政務調査会副会長に就任いたしました。経験の浅い1期生の私ではありますが、精一杯頑張ります。令和3年度に実行する政策の成否が、コロナ後の富山県を左右することになるはずですから。

2020年6月4日 藤井大輔(富山県議会議員)
「新B1構想に対応したスポーツアリーナの検討について」 藤井大輔の質問をダイジェストでお届けします!(2021.06.28)

令和3年6月28日に、富山県議会の6月定例会・予算特別委員会が開催されました。
藤井大輔の質問を速報&ダイジェストでお届けします。

「新B1構想に対応したスポーツアリーナの検討について」

(藤井大輔)
2問お伺いします。資料12をご覧ください。成長戦略会議での政策投資銀行吉田氏の資料です。官民連携プラットフォームについて、より未来志向型の官民連携を、という指摘ですが、一番下に県と市が一体となった先進プロジェクトの検討として、富山駅北エリア公園PPP/PFIの記載があります。富山駅北エリアの富山市総合体育館および隣接するとやま自遊館は、ともに老朽化や経営改善が指摘されており、富山県と市が協働でプロジェクトを行う合理性もあると考えます。特に、B1リーグに所属する富山グラウジーズは、現在富山市総合体育館をメインアリーナとしていますが、このままでは2026年からの新B1構想の参画基準には適合しない可能性があります。

続きはこちら→https://go2senkyo.com/seijika/170025/posts/265698

皆さん、こんにちは。藤井大輔@富山県議会議員です。
気が付いたら、令和3年度が始まっていました。
新型コロナウイルスに翻弄された令和2年度は、まさに失われた1年と言えるでしょう。人との接触もない、夜の懇親会もない、地域のお祭りもなければ、オリンピックもない。
人間とは、人と人のつながりを元に社会を形成し、その生活圏を広げてきたわけですから、それとは真逆の行動をとらざるを得なかったコロナ禍の1年は、本当に難しい1年でした。とはいえ新年度になったからといって、新型コロナウイルスが消えるわけではないので、令和3年度も難しさは継続していくのですが……。

私が所属する富山県議会を例にとって、令和2年度のコロナ禍での地方政治が、どのように機能していた(もしくは機能してなかった)のかを3つのターニングポイントで振り返ってみたいと思います。

続き→https://note.com/fujii_toyama/n/n50bf1bc29e3f

藤井大輔です。富山市長選自民党候補者選考予備選の結果ができました。
皆様のご期待にそえず、本当に申し訳ありません。(2021.01.31)

「20歳以上世代交代」
「古い昭和システムからの脱却」
「富山市をパワーアップする4つの大作戦」
「富山市の編集長」
等、精一杯訴えましたが、ひとえに私の力不足でした。
大変悔しい気持ちでいっぱいです。
富山に戻ってまだ7年、党歴も2年程度しかない私に対して、
投票いただいた党員や議員の方々に深く深く感謝申し上げます。

そして私を予備選に押し上げていただいた、
富山市新庄支部の澤木会長をはじめ支部の党員党友の皆様、
企業後援会の皆様に、あらためて御礼申し上げます。

(2021.01.31)

予備選政策チラシはこちら(A4/表裏)
予備選政策集はこちら(A4/5P)

藤井だいすけ@富山県議会議員です。1月19日で48歳を迎えました。丑年の年男です。
さて富山県では昨年10月に富山県知事選が行われ、保守分裂の激戦を新人の新田八朗さん(62歳)が制し、新しく県知事に就任されました。その新田氏を強く支援したのが現・富山市長の森雅志さん(68歳)ですが、本年4月に行われる富山市長選挙に森さんは出馬されないと明言。最大会派である自民党はどの新人候補を推薦するかを決定するために、本格的な予備選を実施することになったのです。県知事選での自民党推薦候補選定が公正ではないと批判され反感を買ったこと、かつそれが原因で自民党推薦候補の現職が敗れたことが背景にあります。昨年の自民党総裁選で予備選がありましたが、日本の自治体の首長選で本格的な予備選を実施するのは、おそらく初めてだと思います。

続き → https://note.com/fujii_toyama/n/n1533c12f8a8f

2021年4月の富山市長選に向けた自民党推薦候補者選考の予備選で、6人の候補が街頭演説。
2番目に登壇した藤井だいすけの演説を抜粋しました。2021年1月23日16:00~

動画の再生はこちらをクリック

藤井だいすけ@富山県議会議員です。
10月25日に投開票日を迎えた富山県知事選。新人の新田八朗氏が、現職で自民党・公明党推薦の石井隆一氏に6万7000票あまりの差をつけ、51年ぶりの保守分裂対決を勝利しました。投票率も60%を超え、前回2016年の約35%を25%以上も上回りました。新田氏のブレーンとされる選挙コンサルの松田馨氏が「こんなすごい選挙はこの先50年ないかもしれない。それくらいすごい逆転劇」と話したというほど、その戦略・戦術的にも歴史に残る県知事選になりました。。

続き → https://note.com/fujii_toyama/n/n7256d00c664a

こんにちは。藤井だいすけです。
先日、とあるメディアの取材で経営コンサルタントの冨山和彦(とやま・かずひこ)さんにお目にかかることができました。冨山さんといえば、2003年に産業再生機構のCOOとしてカネボウやダイエーなどの再建に尽力され、2007年からは自ら株式会社経営共創基盤を設立し、地方バス会社(みちのりホールディングス)の再生や地方空港民営化(南紀白浜空港)などを手掛けつつ、パナソニックや東京電力の社外取締役も務める、まさにG(グローバル)とL(ローカル)の経営戦略の両方を語ることのできる、日本経済産業界の「知の巨人」と呼べる人物です。

続き → https://note.com/fujii_toyama/n/nf9b614e1af2e

藤井だいすけのプロフィール

1973年(昭和48年)1月19日富山市生まれ。新庄幼稚園、新庄小学校、新庄中学校で育つ。
富山中部高校理数科、大阪大学経済学部を経て、95年株式会社リクルートに就職。主に東京で雑誌の編集に携わる。2004年にはフリーマガジン『R25』を創刊し、編集長として毎週60万部発行する。
40歳を機に地元・富山に戻り、現在は富山市新庄地域で高齢者福祉事業を行う株式会社アポケアとやま専務取締役。社会福祉士の国家資格を持ち、地域包括支援センターでも勤務。
2児の父。著書に『R25のつくりかた』(日本経済新聞出版社)、『逃げないめげないカイシャ道』(ミシマ社)がある。

2019年4月、富山県議会議員に初当選。会派は、自由民主党富山県議会議員会に所属。21歳の長男と13歳の長女の父。

富山市新庄幼稚園→新庄小学校→新庄中学校。生粋の新庄っ子です(^^)/

藤井だいすけ 3歳 (新庄幼稚園)

極度の高所恐怖症。石橋を叩いて渡るどころか、四つん這いで渡るほどでした。いまでも高いところは苦手です

 藤井だいすけ 8歳 (新庄小学校)

小さくて髪の毛が薄くおでこが広かったので、キューピーちゃんと呼ばれることもしばしば。

 藤井だいすけ 14歳 (新庄中学校)

中学入学で身長が小学校4年生並み。小さいながら、中学2年の後期では生徒会長を務めました。


株式会社リクルートに入社し、31歳で編集長に。その後、40歳で地元富山に戻ってきました

藤井だいすけ 18歳 (大阪大学)

富山から離れ、大阪で4年間一人暮らし。夏はバンド、冬はアルペンスキーに勤しみました。あれ学業は?

藤井だいすけ 22歳 (株式会社リクルート)

情報出版系の企業に就職。最初に配属されたのは結婚情報誌の「ゼクシィ」。妻とは同じ職場で出会いました。

藤井だいすけ 31歳 (株式会社リクルート)

フリーマガジン「R25」を創刊し、編集長に。首都圏で毎週60万部がすぐに無くなるほど、ブームになりました。

藤井だいすけ 41歳 (株式会社アポケアとやま)

富山に戻り、母親が経営する高齢者介護施設に入社。新庄北小学校で、認知症サポーター講座を行ったりしています。

藤井だいすけ 47歳 (富山県議会議員)

2019年4月7日の統一地方選で富山県議会議員に初当選。地域のために、富山の未来のために、日々精進しています。

家族構成 妻、長男(21歳)、長女(13歳)
趣味 歌うこと。スポーツ観戦(アーセナル、F1)。創作料理(主に激辛系)。競技スキー
好きな言葉

吾唯足知
(われただたるをしる)

弱点 高いところ
狭くて暗いところ
主な資格等

・介護職員初任者研修修了(2014年1月)
・認知症サポーター キャラバン・メイト養成研修修了(2015年1月)
・社会福祉士(2018年3月国家資格取得)
・相談支援従事者初任者研修修了(2019年9月)
・コミュニティソーシャルワーク研修修了(2019年12月)
・Kaospilot Creative Leadershipモジュール1~デンマークのクリエイティブリーダーシップを学ぶ研修修了(2020年11月)
・社会福祉士基礎研修Ⅰ修了(2020年12月)

主な資格等

・介護職員初任者研修修了(2014年1月)
・認知症サポーター キャラバン・メイト養成研修修了(2015年1月)
・社会福祉士(2018年3月国家資格取得)
・相談支援従事者初任者研修修了(2019年9月)
・コミュニティソーシャルワーク研修修了(2019年12月)
・Kaospilot Creative Leadershipモジュール1~デンマークのクリエイティブリーダーシップを学ぶ研修修了(2020年11月)
・社会福祉士基礎研修Ⅰ修了(2020年12月)

藤井大輔県政通信
「セブンリバーズ」
お申込みはこちら

3か月に1回程度、富山県議会議員藤井大輔が
富山県政の疑問に思ったこと、不思議に感じたこと、
未来のために取り組むべきことなどを
皆さんにわかりやすくお伝えいたします。
元フリーマガジン『R25』編集長の経験を存分に活かしてお届けします!

「セブンリバーズ」(藤井大輔県政通信)
お申込みフォーム

3か月に1回程度発行する、藤井大輔県政通信「セブンリバーズ」を無料でお届けいたします。ご希望の方は下記よりお申込みください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
※いただいた個人情報は藤井大輔の政治活動以外での利用は行いません。